キャリアコンサルタント試験合格体験談①資格取得理由

初めまして、ひさしマルと申します!
このブログにて記事を書かせていただくことになりました。よろしくお願いいたします。まずは、簡単に自己紹介と、キャリアコンサルタント試験合格までの体験談を書いていきたいと思います。少々長くなりそうなので、今回の初投稿から連載という形で投稿していきます。一人の社会人の体験談として、また一人のキャリアコンサルタント試験合格者の体験談として、ぜひご一読ください。

ー自己紹介ー

私は2021年に第18回キャリアコンサルタント試験に合格しました。現在、31歳一児の父で専門学校の事務職員として勤務しています。メインの仕事は教務という、学校の授業に関わる部分の業務を担当しています。サブとして、専門学校生の進路サポートをしています。専門学校勤務以前にも民間企業の正社員として2社経験し、そこでの素敵な出会いもありキャリアコンサルタントの資格取得に至りました。

ー合格体験談ー

①資格取得理由
思い返せば、私がキャリアコンサルタントの資格を取る決意をした理由は4つありました。
1つ目は、将来を見据えた自分のキャリアの見直しのため。
2つ目は、職業訓練給付金制度があったため。
3つ目は、国家資格という冠を自分につけたかったため。
4つ目は、専門学校生の進路サポートをより高いレベルにしたかったため。

 1つ目のキャリアの見直しが一番の取得理由になりますが、2つ目と3つ目も非常に大きなきっかけになりました。
 2つ目の職業訓練給付金は、新卒時代の同期がキャリアコンサルタントを取得したことを知り、私が受けるか悩んでいる時にその同期に相談したところ、給付金のことを教えてくれました。養成講座を受けるだけでも約35万円かかるので、給付金等があるのとないのでは全く話が異なります。給付金のことを教えてくれたその同期にはとても感謝しています。
 3つ目に関しては、1つ目の理由とやや重複しますが、仕事で精神的に悩んでいたので、仕事のモチベーションを上げるためのきっかけとして国家資格という肩書きを自信にしてみるのも良いかもしれないと考えました。形から入って、無理やり悩みを解決しようとしました。しかし、結果としては私の仕事の悩みは深まるばかりだったので、冠を被ることだけでは上手くいかなかったようですが、まだまだ今は資格取得者としてのスタート地点なので、自分の将来のことを考えると試験に合格して資格を取得できたことだけでも大きな成果だと捉えています。
 4つ目の理由である学生の進路サポートは、取得理由や将来にどう活かすかを聞かれた時に答えやすいため、端的に答えたい場面では、これを理由にすることが多いです。現職での進路サポートに活かすために資格取得を目指したことは間違いありませんし、キャリアコンサルタント試験の実技面接では、口頭試問にて将来どのように資格を活かすか聞かれるので、学生進路サポートの質を向上させたいと答えました。

今でこそ4つも資格取得理由が出てきますが、正直に言うと、当時はここまで考えていなかったようにも思います。国家資格を肩書きに加えたいというよこしまな思いはありましたし、学生の進路サポートよりは自分のキャリア見直しの方が、主の目的だったような気もします。極めつけは、給付金のことを新卒時代の同期から聞いたことがキャリアコンサルタント養成講座受講のきっかけになったので、給付金がなかったら受けてなかったかもしれません。

しかし、結果的には養成講座を受けて多くを学び、同じ資格取得を目指す素晴らしい仲間と出会い、30年間生きてきたにも関わらず新しい発見が沢山できたことは、資格を取れたこと以上に大きな宝物です。

今回はここまでにして、次回以降は養成講座や試験勉強、試験当日から合格後までを連載でお話ししていきますので、ぜひ読んでみてください!それでは、また次回お会いしましょう!

最新情報をチェックしよう!